授業支援システムについて【よくある質問】

|  よくある質問  |

CoursePowerのログイン方法がわからない。

CoursePowerは次のページからログインできます。

CoursePowerにログインするIDとパスワードはAOYAMA-portalにログインするIDとパスワードと同様です。CoursePowerにログインするIDのパスワードがわからない場合は、「AOYAMA-portalのパスワードがわからない。」の項目を参照ください。

また、CoursePowerへのログイン方法については、ログイン・ログアウトの方法学内(PDF)に詳しい解説が載っています。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerのアカウントを取得したい。

(1)教員と学生であればログインできます。
青山学院の学籍を取得した時点でcoursepowerのアカウントを取得しています。 AOYAMA-portalのユーザ名とLDAPパスワードでログインしてください。
(2)新しくアカウントが必要な場合は、申請することができます。
客員教員や学外のTAなど本学のアカウントを持たない方がCoursePowerを利用する場合、ゲストユーザ登録申請【ゲストユーザ登録 兼 CoursePower講義への登録】を行ってください。申請書はこちら

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerにTAを登録したい。

2017年度より、担当教員によるCoursePower講義へのTA登録が可能となりました。CoursePower講義へのTAの登録方法はこちらご覧ください。
また、申請いただければ、情報メディアセンターにてCoursePower講義へTAを登録いたします。申請書はこちら

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerにTAを登録できない。

授業の受講者に登録されている学生は、その授業のTAには登録できません。それ以外の場合でTAに登録できない場合は、サポートラウンジにご相談ください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerに仮登録と表示される。

学生ポータルからの履修登録を実施せず、学生自身がCoursePowerで履修仮登録を行った場合は 「仮登録」の履修者として登録されます。 その後、学生ポータルから履修登録を行うと、自動的にCoursePowerの「正規」履修者に変更されます。 学生ポータルからの履修登録を行わない場合は、「仮登録」のまま残ります。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerに非公開と表示される。

CoursePowerに登録されている全ての授業は、初期状態として「非公開」と表示されます。
CoursePowerを利用する場合、まず初めに教員がログインし、「非公開」から「公開」に設定を変更する必要があります。 設定の変更方法については、次のページを参照ください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerに履修生が表示されない。

履修生がCoursePowerに登録されていない可能性があります。まずは、CoursePowerの運用スケジュールをご確認ください。
運用スケジュール上履修正が登録されているはずの期間の場合は、CoursePowerへの自動登録から漏れている可能性がございますので、サポートラウンジまでお問い合わせください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerに学生を追加したい。

CoursePowerへの学生の追加方法については、マニュアルに記載されておりますので、そちらを参照ください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerを利用して出席を取りたい。

次のページにCoursePowerを利用した出席の管理方法についての説明がありますので、そちらを参照ください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerを使ってアンケートを作成したい。

次のページにCoursePowerを利用したアンケートの作成方法についての説明がありますので、そちらを参照ください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerを使って授業資料を配布したい。

次のページにCoursePowerを利用した授業資料の配布方法についての説明がありますので、そちらを参照ください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerを使ってレポートを回収したい。

次のページにCoursePowerを利用したレポートの回収方法についての説明がありますので、そちらを参照ください。

▲ このページの先頭に戻る

TOPページから講義が表示されなくなった。

TOPページの講義一覧にある検索条件変更を行うことで、過去の講義を表示することができるようになります。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerにアップロードする資料の容量の限界について知りたい。

【資料教材】
最大ファイル数は20、1ファイルにつき最大50Mまで登録することが可能です。
【レポート教材】
最大ファイル数5、1ファイル辺り100MBまで、かつ合計100MBまで登録することが可能です。
【お知らせ】
最大ファイル数は3、1ファイルにつき最大10Mまで登録することが可能です。
お知らせ発信にアップロードしたファイルは、転送メールには添付されませんのでご注意ください。

▲ このページの先頭に戻る

アンケート・テストの一括登録でエラーが出てアップロードできない。

アンケート・テストの一括登録はCSVファイルから行うことが可能です。CSVファイルを用いた一括登録ファイルの作成方法とエラー対処については、以下のマニュアルを参照ください。

▲ このページの先頭に戻る