新旧メールシステムの機能比較

|  ホスティングメールのOffice365移行特設ページ  |

比較項目 現行(Mirapoint) Office365
1 サーバハードウェアの管理者 学内の担当者 Microsoft
2 サーバの設置場所 学内(法定停電影響あり) 学外(クラウド:法定停電影響なし)
3 各ドメイン(テナント)の管理(ユーザ作成作業など) 変更無し(各ドメインの管理者)
4 データ保存領域(ディスク容量) 全体で300GB 各ユーザ50GB(全体の制限なし)
5 ブラウザからの利用 できる できる
6 メールクライアントソフトからの利用(POP, IMAP) できる できる(接続先の設定変更要)
7 学外からの利用 できる できる
8 ウィルスメール対策 学内の中継メールサーバで削除 Microsoftの基準で削除
9 迷惑(スパム)メール対策 学内の中継メールサーバでスパムタグ([SPAM])を件名に付与 Microsoftの基準で迷惑メールフォルダに届く(無効にできる)
«   前のページに戻る