Course Powerの利用方法(教員)

|  授業支援システム(LMS)  |

Course Powerとは

CoursePowerは、授業運営の負担を軽減し、円滑な進行をサポートする授業支援システムです。簡単な設定をおこなうだけで、すぐに授業でお使いいただけます。
CoursePowerには、受講生にお知らせを発信する機能、資料を配布する機能、レポートを回収する機能、アンケート/テストを実施する機能、 掲示板機能、出欠を管理する機能があります。

CoursePowerには次の3つの特徴があります。

  1. インターフェイスがシンプルで簡単に使える。
  2. 受講状況の把握と管理が簡単で、評価しやすい。授業運営のコストを削減。
  3. PCやスマートフォン、タブレットから利用でき、学生がアクセスしやすい。

青山学院大学では、次の3種類のコースを準備しています。

  1. 授業用コース:自動的に登録されます。
  2. 教員用コース:本学で授業を担当している教員には、CoursePower上で授業用のコンテンツ準備などにご利用いただける「2015_教員名」というコースが割り当てられています。CoursePowerにログイン後、講義一覧に表示されますのでご自由にお使いください。
  3. その他コース:授業以外にも本学の運営や教育研究活動に広くお使いいただけます(申請方法はこちら)。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerの利用開始手順

CoursePowerを授業でご利用いただく場合は、以下の3ステップで利用が開始できます。CoursePowerにはあらかじめ全ての授業が講義として登録されています。

Step1 講義の登録状況を確認する
CoursePowerに「教員」を選択して(役割の選択についてはこちら)ログインし(操作方法はこちら)、担当する講義の登録状況を確認してください。情報に誤りがある場合、講義の分割や統合が必要な場合は申請してください(申請方法はこちら)。
※講義の自動登録時には、こちらのルールで講義が統合されます。

Step2 講義を受講生に公開する
初期設定では講義が受講生に公開されない状態になっています。アクセスできるように講義設定を「公開」に変更します(操作方法はこちら)。 講義の「非公開」については、こちらをご覧ください。

Step3 CoursePowerの利用を受講生にアナウンスする
授業でCoursePowerを利用のアナウンスしてください。また、利用方法や留意点を記載した受講生向けの配布資料(電子ファイルはこちら学内))をサポートラウンジで用意しております。こちらをお持ちいただき、授業でお配りください。

CoursePowerの運用スケジュール(2017年度)

CoursePowerに授業や履修者がシステム登録される運用スケジュールは、概ね次の通りです。

通年科目

2017/3/28頃 通年の講義情報が登録されます(この時点では履修情報は登録されていません)。3/28から資料のアップロードや課題の設定等、授業の準備が行えます。
2017/4/3以降
2017/5/31まで
通年の履修情報を正規登録します。履修者情報は前日の履修登録状況に応じて毎日(授業実施日)更新されます。(学生・教員の操作により、追加・削除された履修者については基本的にその情報が優先されます。)
2017/9/1頃 通年の講義情報(担当教員、時間割など)および履修者情報を最新のものに更新します。
2017/9/14以降
2017/10/27まで
通年の履修情報を更新します。履修者情報は前日の履修登録状況に応じて毎日(授業実施日)更新され、新たに履修登録をした受講生は正規登録されます。(学生・教員の操作により、追加・削除された履修者については基本的にその情報が優先されます。)

※2017年6月~8月および、2017/10/27にデータを最新化した後は、情報は自動更新いたしません。講義への担当教員の追加・変更、学生の履修追加等がございましたら、情報メディアセンターまでお知らせいただければ、速やかに反映いたします。

前期科目・夏期集中講義

2017/3/28頃 前期授業の講義情報が登録されます(この時点では履修情報は登録されていません)。3/28から資料のアップロードや課題の設定等、授業の準備が行えます。
2017/4/3以降
2017/5/31まで
前期授業の履修情報を正規登録します。履修者情報は前日の履修登録状況に応じて毎日(授業実施日)更新されます。(学生・教員の操作により、追加・削除された履修者については基本的にその情報が優先されます。)

※2017/5/31にデータを最新化した後は、情報は自動更新いたしません。講義への担当教員の追加・変更、学生の履修追加等がございましたら、情報メディアセンターまでお知らせいただければ、速やかに反映いたします。

後期科目・冬期/春期集中講義

2017/6/1頃 後期授業の講義情報を登録します。6/1頃から資料のアップロードや課題の設定等、授業の準備が行えます。※履修者情報の登録は9/1頃に実施する予定です。
2017/9/1頃 後期授業の講義情報(担当教員、時間割など)を最新のものに更新します。履修者情報(登録時点の最新情報)を正規登録します。
2017/9/14以降
2017/10/27まで
後期授業の履修情報を更新します。履修者情報は前日の履修登録状況に応じて毎日(授業実施日)更新され、新たに履修登録をした受講生は正規登録されます。(学生・教員の操作により、追加・削除された履修者については基本的にその情報が優先されます。)

※2017年6月~8月および、2017/10/27にデータを最新化した後は、情報は自動更新いたしません。講義への担当教員の追加・変更、学生の履修追加等がございましたら、情報メディアセンターまでお知らせいただければ、速やかに反映いたします。
※後期のみ講義をお持ちの先生は、9/1より担当講義をご利用いただけます。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePower上のデータについて

CoursePowerに登録した課題や資料、学生から提出されたレポート等のデータを誤って削除すると、 データを復元することはできませんのでご注意ください。学生から提出されたレポートは、 ご自身のパソコンにダウンロードしてバックアップを取ることをお勧めします。

なお、教材やレポートとして、アップロードするファイルのファイルサイズには制限がありますのでご注意ください。

  • 【学生】レポート提出時の添付ファイルサイズ上限値:100MB
  • 【教員】資料教材登録時の添付ファイルサイズ上限値:50MB
  • 【教員】お知らせへの添付ファイルサイズ上限値:10MB
  • 【教員】掲示版・Q&Aの添付ファイルサイズ上限値:20MB 
制限の詳細はこちらのページをご覧ください。

▲ このページの先頭に戻る

履修生の登録について

学生ポータルから履修登録した学生を、自動的にCoursePowerへ「正規」履修者として登録します。 履修取り消しをした学生は、自動的にCoursePowerの履修者から削除します。登録・削除の反映には 1~2日間のタイムラグが発生する場合があります。
※2014年度は学生ポータルから履修登録した学生を自動的に「仮登録」の履修者としてとして登録し、履修確定時に「正規」履修者へ変更しておりましたが、2015年度から登録方法変更となりました。

学生ポータルからの履修登録を実施せず、学生自身がCoursePowerで履修仮登録を行った場合は 「仮登録」の履修者として登録されます。 その後、学生ポータルから履修登録を行うと、自動的にCoursePowerの「正規」履修者に変更されます。 学生ポータルからの履修登録を行わない場合は、「仮登録」のまま残ります。

つまり、「仮登録」で登録されている学生は、学生ポータルからの履修登録を行っていない状態です。

なお、各講義の初期登録状態では、学生自身による履修仮登録は行えない設定となっています。 学生に履修仮登録を行わせる場合は、担当教員による設定変更が必要です。 履修仮登録を[可](かつ、講義状態を[公開])にすることで、学生が履修仮登録を行うことが できるようになります。(学生自身による履修仮登録方法はこちら

▲ このページの先頭に戻る

役割の選択について

教員にも、「受講者」としての役割が付与されます。 ログイン時に「教員」としてログインするか、「受講者」としてログインするかを選択してください。

「教員」としてログインした場合 これまで通り、担当講義についての利用を行うことができます。

「受講者」としてログインした場合 情報メディアセンターや学務担当からの周知事項や、教授会資料などの情報提供を行う「講義」の 履修者として登録される場合があります。受講者でのログインをご確認ください。

役割はログイン中にログアウトすることなく切り替えることができます。 CoursePowerの画面上部の「役割変更」をクリックして役割を変更してください。

※先生ご自身が教員として登録されている講義に、ご自身を受講生として登録することは出来ません。今まで通り「受講者VIEW」でご確認ください。

▲ このページの先頭に戻る

講義の「非公開」について(利用開始時に公開する必要があります)

CoursePowerの講義一覧において、講義の右側に[非公開]と表示されている講義は履修者に 公開されません。 この状態でも担当教員は授業準備などを行うことができますが、履修者は講義資料を参照する ことができません。 各講義の初期登録状態は[非公開]となっており、講義を履修者に公開するためには 担当教員による設定変更が必要です。 講義状態を[公開]にすることで、履修者が講義資料等を参照することができるようになります。

※2014年度までは、[利用不可]と表示されていました。2015年度より表示文言が変更になりました。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePower上の講義の統合表示について

CoursePowerに講義が自動登録される際、以下のルールで講義が統合されます。

  • 再履修クラスと正履修クラスは1つのクラスに統合する(開講キャンパス、時限、教室、教員が同一の場合に統合)
  • 複数教員が合同で実施するクラスは1つのクラスに統合する(開講キャンパス、時限、教室、科目が同一の場合に統合)
自動登録時の講義統合ルールについての詳細はこちらをご覧ください。

▲ このページの先頭に戻る

TAについて

CoursePowerでは、担当教員のサポートとして、CoursePower上の各講義にTAを登録することができます。
CoursePower講義へのTAの登録方法はこちらをご覧ください。
※2017年度より、担当教員によるCoursePower講義へのTA登録が可能となりました。

また、申請いただければ、情報メディアセンターにてCoursePower講義へTAを登録いたします。⇒申請書はこちら学内
ただし、CoursePower講義へTA登録申請を行っても、大学のTAとしては登録されません。

TAは権限によってCoursePowerの操作可能範囲が異なります。
CoursePowerにTAを登録する場合やTAの権限を変更する場合は、『TA登録申請【新規TA登録・TA権限内容変更 兼 CoursePower講義への登録】』を行ってください。⇒申請書はこちら学内

TA権限の詳細はこちらのページをご覧ください。

TA名称 できること できないこと
TA
(制限)
  • 講義の編集ができます。(資料配布、レポート収集等の設定)
  • 履修者の提出した課題(レポート/ディスカッション)の参照ができます。
  • 履修者の出席管理ができます。
TA(基本)でできない操作に加え、
  • 履修者の登録削除などの履修者管理ができません。
  • 講義設定の編集ができません。
TA
(基本)
TA(制限)で可能な操作に加え、
  • 履修者の提出した課題(レポート/ディスカッション)にコメントの入力ができます。
  • 履修者管理ができます。
  • 講義設定の編集ができます。
TA(拡張)でできない操作に加え、
  • 履修者の提出した課題(レポート/ディスカッション)の評価ができません。
TA
(拡張)
TA(基本)で可能な操作に加え、
  • 履修者の提出した課題(レポート/ディスカッション)の評価の入力と確定ができます。
※教員とほぼ同等の作業ができます。
  • 履修者の総合成績の入力・参照ができません。

▲ このページの先頭に戻る

お知らせ発信に関する留意点

学生ポータルには反映されません
CoursePowerから発信されるお知らせはCoursePowerで表示され、履修者のメールアドレス(@aoyama.jp)に送信されますが、学生ポータルには反映されません。このため、受講生がお知らせを見過ごしてしまう可能性があります。

このトラブルを避けるため、サポートラウンジで用意している受講生向け資料(電子ファイルはこちら学内)を配布し、「CoursePowerから発信されるお知らせが学生ポータルにでないこと」、「普段使用しているメールへ転送すること」をお知らせください。
※メールの転送を設定した後、設定したアドレスに登録完了メールが届きます。以下の送信元、件名のメールが届くことを確認するよう、受講生へお知らせください。
 【登録完了メール】 From: 授業支援システム<coursepower-noreply@aim.aoyama.ac.jp>
           Subject: 転送先メールアドレス登録完了

休講や教室変更の連絡は教務課・学務課に
休講や教室変更の連絡は従来通り教務課・学務課にご依頼ください。

学生ポータルへの「お知らせ発信」は教務課・学務課に
CoursePowerを利用せず、学生ポータルへの「お知らせ発信」を希望される場合は、教務課・学務課へご相談ください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerのサポートについて

CoursePowerの利用方法について以下のサポートをご用意しております。

■受講生向け配布資料
授業でお配りいただける、ログイン方法、「お知らせ」に関する留意点とメールの転送方法、資料教材の確認方法と課題の提出方法 が記載されたプリント(電子ファイルはこちら学内)をサポートラウンジに用意しております。必要な部数をサポートラウンジでお申し付けください。

■受講生向けショートレクチャー
授業中にAIMスタッフがCoursePowerの利用方法を説明するレクチャー(所用時間5分)を実施します。また、授業中以外でも個別にCoursePowerの利用方法についてのレクチャーを実施いたします。ご希望の方は、以下の申請書を記入の上、情報メディアセンターまでご提出ください。(申請書はこちら)。

■窓口での利用サポート
サポートラウンジの窓口では教職員、学生に向けてCoursePowerの利用サポートを行っています。CoursePowerの画面を確認しながら操作方法についてスタッフがご説明いたします。お気軽にお立ち寄りください。

▲ このページの先頭に戻る

CoursePowerの各種申請について

サービス案内の各種利用申請をご確認の上、各申請書をご利用ください。「申請書」をダウンロードしご記入の上、サポートラウンジへ提出してください。

授業形態に合わせてCoursePowerに登録された講義を分割する場合や複数の講義を一つに統合する場合
『CoursePower講義の登録変更申請【講義の統合・分割】』を行ってください。 ⇒申請書はこちら学内
時間割情報や担当教員などの講義情報を変更する場合
『CoursePower講義の登録変更申請【講義情報変更】』を行ってください。 ⇒申請書はこちら学内
授業以外で本学の運営や教育研究活動にCoursePowerを利用する場合
『CoursePower講義の新規登録申請』を行ってください。 ⇒申請書はこちら学内
本学のアカウントを持たない方がCoursePowerを利用する場合
『ゲストユーザ登録申請【ゲストユーザ登録兼CoursePower講義への登録】』を行ってください。 ⇒申請書はこちら学内
CoursePowerにTAを登録する場合やTAの権限を変更する場合
『TA登録申請【新規TA登録・TA権限内容変更 兼 CoursePower講義への登録】』を行ってください。 ⇒申請書はこちら学内
情報メディアセンターのスタッフが授業中に利用方法を説明するレクチャー(所要時間5分)を希望する場合
『CoursePower利用説明申請』を行ってください。 ⇒申請書はこちら学内

▲ このページの先頭に戻る

CoursePower ログイン

▲ このページの先頭に戻る

問い合わせ

サポートラウンジ(青山:2号館1階、相模原:B棟4階)で常時利用支援を行っておりますのでお気軽にお立ち寄りください。
サポートラウンジの連絡先等につきましては、下記リンク「窓口案内」をご覧ください。

▲ このページの先頭に戻る