【注意喚起】WPA2 における複数の脆弱性について


情報処理推進機構 (IPA)から以下のとおりWPA2における複数の脆弱性について注意喚起のアナウンスが出ています。
本脆弱性が悪用された場合、無線LANの通信範囲に存在する第三者により、WPA2 通信の盗聴が行われる可能性があります。

 ※WPA2 (Wi-Fi Protected Access II) は、無線 LAN (Wi-Fi) の通信規格です。

本脆弱性は、アクセスポイント(ルータ等)、アクセスポイントに接続する端末(PC、スマートフォン等)の両方での対策が必要です。

情報メディアセンターが管理する無線機器(agwlan)については、問題ありません。

皆様がご利用の各端末(PC、スマートフォン等)や研究室等で構築されている無線LAN環境については、ご利用の端末・機器のベンダから公開される情報に注意し、修正プログラムの適用等、ベンダの指定する対策を行っていいただきますよう、お願いいたします。

ご参考までに、バッファロー、アイオーデータが公開する当該情報のURLを掲載いたします。

何かご不明な点がありましたら大学情報メディアセンターサポートラウンジまでお問い合わせください。
  青山  外線:03-3409-7850 (内)12201
  相模原 外線:042-759-6047 (内)46047