ホスティングメールのOffice365移行特設ページ(第1期)

第1期システム変更期間開始

Office365移行特設ページ(第2期)はこちら

最終更新日:2015年02月27日

第1期システム変更ドメイン初期パスワード発行システムからの取得期間は終了しました。
ドメイン管理者にお問合せ下さい。

【ホスティングメールとは】
ホスティングメールは、学院においては学部メールや部局メールなどと呼ばれています。ホスティングメールのアドレスは、@の後ろがシステム変更対象ドメイン・組織体一覧に掲載されているドメイン名になっています。
AOYAMA-mail(~@aoyamagakuin.jp)とは別のメールサービスです。
これまではMirapointというメールシステムで提供していましたが、この度Office365メールシステムに移行することになりました。MirapointにWebブラウザでログインしてご利用の方をはじめ、OutlookやThunderbird、MacMailなどのメールソフトでご利用の方も、移行作業STEP.1~STEP.5を行っていただく必要があります。

ホスティングメール移行関連申請書

ホスティングメール移行準備のため、第1期システム変更ドメインは 2014年9月19日から新規アカウント/メーリングリストの作成、メーリングリスト内登録メールアドレスおよび転送設定の変更を凍結致します。該当期間内にこれらの新規作成・削除・設定変更をご希望の場合は、以下の申請書をご提出ください。

2015年2月26日をもって、部局メールのアカウント/MLの新規作成・削除、転送設定変更等に関わる申請制は終了しました。 (2015年2月27日追記)

禁止内容禁止期間
アカウントの新規作成・削除2014年9月19日(金)~2015年2月26日(木)
終了しました
メーリングリストの新規作成・削除
メーリングリスト内登録メールアドレスの追加・削除
アカウントに対する転送設定の変更2014年9月19日~2014年11月中旬頃
終了しました(2014年11月19日)
Office365の転送設定方法は
こちら(Office365ユーザマニュアル(PDF)学内 10項「転送設定」)

申請書学内

申請制は終了しました。

  • ホスティングMailアドレス利用申請学内(アカウントの新規作成・削除)
  • ホスティングMailメーリングリスト利用申請学内(メーリングリストの新規作成・削除、登録メールアドレスの追加・削除)
  • ホスティングMail転送設定申請学内(アカウントに対する転送設定の変更)

申請書提出方法

申請制は終了しました。

いずれかの方法で提出ください。

  1. 各キャンパスサポートラウンジに申請書を提出
  2. o365-contact@aim.aoyama.ac.jp 宛に申請書を添付してメール送付(”@”を半角にしてください)

ホスティングメールをご利用中のみなさまへ

現在、情報メディアセンターで提供しているホスティングメールサービスに「Mirapoint(ミラポイント)」というシステムを利用しています。この「Mirapoint」のメーカーサポートが2015年3月末で終了となることが決まりました。それを受けて情報メディアセンターではホスティングメールサービスのシステムを「Microsoft Office365」への変更を計画しています。

これに伴いホスティングメールのサービスをご利用いただいている皆さまに、今後、実作業を伴うご協力をお願い申し上げます。

▲ このページの先頭に戻る

システム変更時期

  • 第1期 : 2014年10月1日(水)~ 2014年12月19日(金)
  • 第2期 : 2015年 1月5日(月)~ 2015年 3月20日(金)

※各ドメインのシステム変更時期はこちら

▲ このページの先頭に戻る

移行期間の流れ

いよいよ2014年10月1日より第1期移行期間が始まります。移行期間中は、大まかに以下のような流れで作業が進みます。
第2期も同じ手順で切替がおこなわれます。

  1. テナント[Office365のドメイン]作成(情報メディアセンター)
  2. ユーザ作成(情報メディアセンター)
  3. Office365初期パスワードの取得(各ユーザ)Office365初期パスワード配布(情報メディアセンター→各ドメインの管理者→各ユーザ)
  4. フィルタ設定、アドレス帳の移行(各ユーザ)
  5. メールの受信をOffice365に切替(情報メディアセンター):これ以降の新規メールはOffice365へ届きます
  6. 切替前のメールをMirapointからOffice365へ移行(各ユーザ):コピー&ペーストのイメージです

※切替のタイミングは、組織毎に調整させていただきます。

▲ このページの先頭に戻る

ユーザのみなさまに実施いただく作業

第1期システム変更ドメイン利用の方は、以下の作業を各作業期間中に実施してください。第2期システム変更ドメインの方は、こちらをご覧ください。

作業項目 作業期間 作業概要 手順等
STEP.1 Office365へのログイン用初期パスワードの取得 2014年

10月1日(水)

10月25日(土)
切替後のメールシステム(Office365)にログインするための初期パスワードです。初期パスワード発行システムにより取得します。10月26日以降は初期パスワードはドメイン管理者から文書で受け取り、STEP.2にお進みください。 システムからの初期パスワード取得期間は終了しました。
STEP.2 初期パスワードの変更 10月1日(水)

10月25日(土)
「Office365サインインページ」へアクセスし、STEP.1で取得した初期パスワードを変更してください。10月1日から10月15日までは初期パスワードの変更を行うことはできますが、Office365メールの利用はまだできません。 こちら
STEP.3 Office365へのログイン確認 10月16日(木)
11時30分頃

10月25日(土)
10月27日(月)よりOffice365への切替を行いますので、必ず事前にログイン確認をお願いします。 こちら
STEP.4 フィルタ設定 / アドレス帳移行 10月16日(木)
11時30分頃

10月25日(土)
現行のMirapointで転送設定機能を利用していた方は必ず»»こちらを確認してください。
フィルタ設定(主に転送設定)が必要なユーザはこの期間に確認・設定をお願いします。アドレス帳の移行も必要に応じて実施ください。
こちら
メールシステム切替
自ドメインの切替日
こちら
情報メディアセンターにて現行システムからOffice365へメールシステムの切替を行います。切替日は組織体ごとに異なります。切替が実施されると、Office365でのメール送受信が始まります。 こちらを必ずご確認ください。
STEP.5 旧メールデータの移行 自ドメインの切替日

12月19日(金)
現行システム(Mirapoint)にて受信していた既存メール等のメールデータをOffice365でも利用したい場合は、この期間に移行してください。
※この作業は、各ドメインの切替日以降に実施してください。
こちら
Mirapointシステムの廃止 2015年3月末 これ以降、Mirapointシステム内のすべてのデータは順次削除されます。

▲ このページの先頭に戻る

第1期のみなさまへ:過去のメールデータの移行について

2014年度末に、これまでのMirapointメールシステムは廃止いたします。

Mirapointシステム廃止後は、現時点でお使いの環境で確認できている過去のメールが閲覧をはじめ利用できなくなるケースがあります。たとえば、ブラウザでMirapointにログインしてMirapointメールデータを利用されている場合や、メールソフトによりMirapointに接続しMirapointメールデータを利用している場合は、来年度になると過去のメールが閲覧できません。

2015年度以降も過去のメールを利用する場合は、お使いのメール利用形態に応じてメールデータの移行を行う必要があります。詳細はこちらをご確認ください。

▲ このページの先頭に戻る

新旧メールシステムの機能比較

比較項目 現行(Mirapoint) Office365
1 サーバハードウェアの管理者 学内の担当者 Microsoft
2 サーバの設置場所 学内(法定停電影響あり) 学外(クラウド:法定停電影響なし)
3 各ドメイン(テナント)の管理(ユーザ作成作業など) 変更無し(各ドメインの管理者)
4 データ保存領域(ディスク容量) 全体で300GB 各ユーザ50GB(全体の制限なし)
5 ブラウザからの利用 できる できる
6 メールクライアントソフトからの利用(POP, IMAP) できる できる(接続先の設定変更要)
7 学外からの利用 できる できる
8 ウィルスメール対策 学内の中継メールサーバで削除 Microsoftの基準で削除
9 迷惑(スパム)メール対策 学内の中継メールサーバでスパムタグ([SPAM])を件名に付与 Microsoftの基準で迷惑メールフォルダに届く(無効にできる)

▲ このページの先頭に戻る

システム変更に関するQ&A

Q:メールアドレスは変わりますか?

A:変わりません。これまでと同じメールアドレスをご利用いただけます。

Q:システムを変更することでAOYAMA-Mailに影響はありますか?

A:ありません。

Q:メールアドレス、メーリングリストの管理者は変わりますか?

A:変わりません。

Q:データの容量はどうなりますか?

A:各ユーザ毎に50GBまでご利用いただけます。

Q:電気設備法定点検時はどうなりますか?

A:Offce365はクラウドサービスのため停止しません。

Q:スパムメール対策はどうなりますか?

A:Microsoftのスパムメールフィルタをご利用できます。またユーザ自身で設定を変更することもできます。

Q:WEBメールはどうなりますか?

A:ブラウザ版Office365を利用していただくようになります。そのためURLが変更になります。

Q:システム変更期間は利用できなくなりますか?

A:利用できます。作業に伴うシステム停止はありません。

Q:パスワードは変わりますか?

A:変わります。初期パスワードを設定させていただきますので、パスワードの変更を行っていただく必要があります。

Q:保存されているメールのデータはどうなりますか?

A:各ユーザが必要に応じてご自身でデータを移していただく必要があります。そのための作業マニュアルは情報メディアセンターで用意いたします。

Q:変更時期が第2期なのですが、今(2014年10月1日から2014年12月31日)は何もしなくてよいですか?

A:はい。時期が近づきましたら情報メディアセンターよりご案内いたします。

▲ このページの先頭に戻る

移行期間中に関するQ&A

Q:メールが使えなくなる期間はありますか?

A:ありません。現在のMirapointからOffice365でメールを送受信するために切替える日があり、その日以降はOffice365を使用していただく事になります(切替タイミング以降に届くメールはOffice365で送受信ができるため、送受信共に使えなくなる期間は発生しません)。切替日については各ドメインの管理者と事前に調整させていただく予定です。

Q:メールデータの移行は具体的にどのような手順となりますか?

A:Outlook等のメールソフトを使用して、Mirapointから現在のメールを取込み、それをOffice365へ移動します。メールデータの移行前までにはマニュアルを配布する予定です。なお、マニュアルはOutlook等の代表的なメールソフトを使った手順を作成しております。

Q:Office365のログインパスワードはどうなりますか?

A:大変申し訳ありませんが、現在Mirapointでご利用のパスワードをOffice365へ移行することはできません。こちらで初期パスワードを設定させていただきます(セキュリティ上の観点から各ユーザ毎にランダム文字列のパスワードを発行します)。なお、通知方法につきましては、ドメイン管理者の皆様に別途ご連絡いたします。

Q:Mirapointは、いつまで利用できますか?

A:2015年3月末までは現行のホスティングメールMirapointへログインしていただき、Office365への切替以前に受信したメールをご確認いただく事は可能です。
先の回答にもあります通り、各移行期間内にMirapointからOffice365へ切替作業を実施致します。切替後、メール送受信はOffice365で行ってください。
例えば、第1期移行期間中、11月x x日に@XXX.aoyama.ac.jpの切替を実施したとしますと、11月x x日以降はOffice365にてメールの送受信を行っていただく形となります(切替日の詳細につきましては、事前に別途ご連絡を致します)。

▲ このページの先頭に戻る

メールシステムについてのQ&A

Q:Office365はどのようなシステムですか?

A:AOYAMA-mailと全く同じシステムです。メール画面や使用方法は、AOYAMA-mailのマニュアルをご参照ください。

Q:ログイン方法はどのようになりますか?

A:AOYAMA-mailと同じくOffice365へのログイン用Webページからログインします。現在使用しているメールアドレス((username)@XXX.aoyama.ac.jp)を入力しログインする事ができます。

Q:メールソフトOutlook、Thunderbird等を使って(POPまたはIMAPで)メールを読むことはできますか?

A:できます。AOYAMA-mail(@aoyamagakuin.jp)と同じ仕様です。

Q:学外からのアクセスは可能ですか?

A:可能です。

Q:WEBメールはどうなりますか?

A:WEBブラウザ版Office365を利用していただくようになります。そのためURLが変更になります。

Q:受信したメールを別のメールアドレスに転送したりリダイレクトしたりすることはできますか?

A:はい、できます。ルールを設定すると転送・リダイレクトが行えます。


ただし、次の制限がありますのでご注意ください。既に転送のルール設定を行った方も以下について再度ご確認ください。
  • 制限事項1 受信したメールを転送・リダイレクトできる回数は、1回のみです。
    たとえば、ある部局メールアドレスA(Office365)で受信した…続きを読む
  • 制限事項2 受信したメールを転送・リダイレクトできる受信者の宛先アドレス数は、合計で”10″までです。
    合計”10″を超える受信者にメッセージを転送・リダイレクト…続きを読む
なお、すべてのメールを一つの転送先に転送したい場合は、ルールを利用せず、「電子メールの転送先」から設定することもできます。こちらの設定は簡単ですが、上記のルールによる転送とは併用できませんので注意が必要です。両方を設定した場合は、「電子メールの転送先」の設定のみが有効となりルールによる転送は行われません。設定方法はこちら

▲ このページの先頭に戻る

Office365 ユーザマニュアル学内

学外からユーザマニュアル/手順書を閲覧する場合は、SSL-VPN接続が必要です。
SSL-VPNの詳しい設定方法は http://www.agnoc.aoyama.ac.jp/network/vpn.htmlを参照してください。

▲ このページの先頭に戻る

メールソフトの設定

Office365のメール(部局メール)をメールソフトを利用して送受信するための設定方法です。

共通設定

Office365 では受信/送信サーバの設定は以下の仕様になっています。

プロトコル サーバのホスト名 ポート番号 暗号化 認証方式
受信 IMAP outlook.office365.com 993 SSL 通常のパスワード認証
POP outlook.office365.com 995 SSL 通常のパスワード認証
送信 SMTP smtp.office365.com 587 TLS 通常のパスワード認証

※OutlookもしくはMacのMailを利用してExchange(MAPI)でアカウントを追加する場合は、サーバ設定は自動的に行われます。

各種メールソフト設定学内

各メールソフトの詳細な設定マニュアルです。

学外からユーザマニュアル/手順書を閲覧する場合は、SSL-VPN接続が必要です。
SSL-VPNの詳しい設定方法は http://www.agnoc.aoyama.ac.jp/network/vpn.htmlを参照してください。

▲ このページの先頭に戻る

システム変更対象ドメイン・組織体一覧学内

学外からシステム変更対象ドメイン・組織体一覧(システム変更時期)を閲覧する場合は、SSL-VPN接続が必要です。
SSL-VPNの詳しい設定方法は http://www.agnoc.aoyama.ac.jp/network/vpn.htmlを参照してください。

▲ このページの先頭に戻る

お問い合わせ

ホスティングメール移行に関してご不明点、ご質問等ございましたら o365-contact@aim.aoyama.ac.jp (”@”を半角にしてください) までご連絡ください。

ホスティングメールとは

ホスティングメールは、学院においては学部メールや部局メールなどと呼ばれています。ホスティングメールのアドレスは、@の後ろがシステム変更対象ドメイン・組織体一覧に掲載されているドメイン名になっています。
AOYAMA-mail(~@aoyamagakuin.jp)とは別のメールサービスです。

▲ このページの先頭に戻る

新着情報 2015.02.27・・・New! 全ドメインについてのアカウント作成等禁止期間終了の旨記載しました
2015.02.05・・・全ドメインについてのアカウント作成等禁止期間を更新しました
2015.01.26・・・第1期システム変更ドメインのアカウント作成等禁止期間を更新しました
2014.12.09・・・第2期向けOffice365移行特設ページへのリンクを追加しました
2014.11.19・・・転送設定(Office365アカウント)について転送設定凍結を解除した旨記載しました
2014.11.07・・・Q&Aに情報を追加しました
2014.11.06・・・メールソフトの設定情報に共通設定を追加しました
2014.11.06・・・総合文化政策学部の切替が完了した旨記載しました
2014.11.06・・・理工学部機械創造工学科の切替が完了した旨記載しました
2014.11.05・・・国際マネジメント研究科の切替が完了した旨記載しました
2014.11.05・・・理工学部物理・数理学科(数学)の切替が完了した旨記載しました
2014.11.04・・・教育人間科学部の切替が完了した旨記載しました
2014.11.04・・・文学部の切替が完了した旨記載しました
2014.10.31・・・STEP.5「旧メールデータの移行」のメール移行手順書を更新しました。
2014.10.30・・・理工学部化学・生命科学科の切替が完了した旨記載しました
2014.10.30・・・Q&Aに情報を追加しました
2014.10.30・・・経営学部の切替が完了した旨記載しました
2014.10.29・・・法学部の切替が完了した旨記載しました
2014.10.29・・・大学/短大図書館の切替が完了した旨記載しました
2014.10.28・・・初等部の切替が完了した旨記載しました
2014.10.27・・・第1期システム変更対象ドメインSTEP.1期間終了に伴う更新をしました
2014.10.25・・・Office365メールソフト設定手順書を掲載しました
2014.10.08・・・第1期システム変更対象ドメイン・組織体の切替日を記載しました
2014.10.08・・・Office365ユーザマニュアルを掲載しました
2014.10.08・・・「ユーザのみなさまに実施いただく作業」のSETP.4STEP.5を追加しました
2014.09.30・・・「ユーザのみなさまに実施いただく作業」を追加しました
2014.09.18・・・ホスティングメール移行関連申請書を掲載しました
2014.09.05・・・ホスティングメールのOffice365移行ページを開設しました