STEP.4 フィルタ設定 / アドレス帳移行(第1期)

|  ホスティングメールのOffice365移行特設ページ(第1期)  |

フィルタ設定等確認期間(第1期ドメイン):2014年10月16日(木)~10月25日(土)

新メールシステムOffice365で受信するメールの転送やフォルダへの振り分けなどの確認や設定、アドレス帳の移行を行います。
Office365で受信したメールを転送したい方はこちらを参考にOffice365での転送設定をご確認いただき、必要に応じて設定してください。(※システム変更作業が実施されたため、STEP.4の手順内容を変更しています。)
フォルダへのメール振り分けやアドレス帳の移行は、必要に応じて実施下さい。

STEP.4 印刷用PDFはこちら


受信メールの転送設定の確認・設定

ホスティングメール(部局メール)で受信したメールを他のアドレスに転送したい方は、以下の確認・設定を行ってください。

情報メディアセンターではシステム変更前のホスティングメール(部局メール)でMirapointシステムの転送設定機能を利用していた場合のみOffice365に転送先を設定しています。第1期システム変更対象のドメインについては、2014年9月19日時点でのMirapointシステム登録状況を元にOffice365に転送先を設定しています。(ホスティングMail転送設定申請の申請内容も反映しています。)

  1. 「Office365サインインページ」から、Office365にサインインしてください。サインインの手順はSTEP.3(ログイン確認)と同じです。
  2. “歯車マーク”>”オプション”>”メールの整理”>”受信トレイのルール”の順にクリックします。
  3. Mirapointシステムの転送設定機能を利用、かつ、転送時にサーバにメールを残す設定にしてメールを転送していた方
    1. (赤枠箇所の)「ルール」に「redirect」のみが存在しています
    2. 「redirect」左のチェックボックスにチェックが入っています
    3. (青枠箇所の) 「redirect」の「実行する処理」に[現行システムにて転送していた転送先メールアドレス](※注1)が記載されています(赤枠箇所の「redirect」を選択して確認してください。)
  4. Mirapointシステムの転送設定機能を利用し、転送時にサーバにメールを残さない設定にしてメールを転送していた方
    1. (赤枠箇所の)「ルール」の一番目(上)に「redirect」、二番目(下)に「delete」の2つのルールが存在しています
    2. 「redirect」「delete」左のチェックボックスそれぞれにチェックが入っています
    3. (青枠箇所の) 「redirect」の「実行する処理」に[現行システムにて転送していた転送先メールアドレス](※注1)が記載されています(赤枠箇所の「redirect」を選択して確認してください。)
  5. Mirapointシステムのフィルタ転送設定機能を利用してメールを転送していた方
    1. (赤枠箇所の)「ルール」は何も設定されていません
    2. ご自身でルールの追加をする必要があります。ユーザマニュアル(第10章)を参考に、Office365に転送設定を行ってください。

(参考)
■redirect:メールを転送先メールアドレスへ転送するためのルールです。
■delete: メールを転送後、Office365のサーバ上から当該メールを削除するためのルールです。

※注1
転送先が自ドメイン内のメールアドレス、メーリングリストの場合、「実行する処理」欄には、転送先アドレスは@以降が省略された形で表示されます。

※転送を利用する際は、Q&Aのこちら(転送・リダイレクト回数制限)をご確認ください。転送設定を確認済みの方もご確認をお願いします。

▲ このページの先頭に戻る

フィルタの移行

現行Mirapointでメッセージフィルタ機能を利用していた方は以下の手順書を参考に、Office365で”受信トレイのルール”の設定を行ってください。
(WebブラウザでMirapointにログインしMirapoint上でフィルタを利用している場合です。メールソフトでフィルタをご利用の場合は、ご利用のメールソフトにOffice365アカウントを設定し(設定方法はこちら)、必要なフィルタを設定してください。)

※受信トレイのルールを設定する際は、Q&Aのこちら(転送・リダイレクト回数制限、転送・リダイレクト受信者数制限)も参照してください。フィルタ設定済みの方もご確認をお願いします。

注意
“受信トレイのルール”は上のルールから下のルールへと順に処理されます。【転送設定タイプ】による受信メールの転送を行っていた方がフィルタの設定を行う場合は、「redirect」より下に必要なルールを追加してください。
※情報メディアセンターにて設定を行った「redirect」設定より上に別のルールが存在する場合、うまく転送されない場合がありますのでご注意ください。

▲ このページの先頭に戻る

アドレス帳の移行

現行Mirapointでアドレス帳を利用していた方は以下の手順書を参考に、Office365にアドレス帳の移行を行ってください。
(WebブラウザでMirapointにログインしMirapoint上でアドレス帳を利用している場合です。メールソフトでアドレス帳をご利用の場合は、ご利用のメールソフトにOffice365アカウントを設定してください(設定方法はこちら)。アドレス帳はそのまま利用できます。)

▲ このページの先頭に戻る



«   STEP.3に戻る  |  Office365移行特設ページに戻る  |  STEP.5に進む   »