メールシステムやシステム変更に関するQ&A

|  ホスティングメールのOffice365移行特設ページ  |

Office365メールシステムに関するQ&A

Q:Office365はどのようなシステムですか?

A:AOYAMA-Mailと同じシステムです。メール画面や使用方法は、「Office365ユーザマニュアル学内(PDF)」をご参照ください。

Q:メールアドレスは変わりますか?

A:変わりません。これまでと同じメールアドレスをご利用いただけます。

Q:パスワードは変わりますか?

A:変わります。Office365用の初期パスワードを準備いたしますので、ご利用のメールアドレスごとに初期パスワードの取得と変更を行っていただく必要があります。

Q:メールソフトOutlook、Thunderbird等を使ってメールを読むことはできますか?

A:できます。AOYAMA-mail(@aoyamagakuin.jp)と同じ仕様です。メールソフトの設定方法は、こちら

Q:WEBメールはどうなりますか?

A:Webブラウザ版 Office365 を利用していただくようになります。そのため切り替え後は、ログイン用の URL が変更になります。

Q:ログイン方法はどのようになりますか?

A:AOYAMA-mailと同じく「Office365 サインインページ」からログインします。ログインの際は、現在使用しているメールアドレス((username)@XXX.aoyama.ac.jp)を使用してください。

Q:学外からのアクセスは可能ですか?

A:可能です。

Q:データの容量はどうなりますか?

A:各ユーザ毎に50GBまでご利用いただけます。

Q:スパムメール対策はどうなりますか?

A:Microsoftのスパムメールフィルタをご利用できます。またユーザ自身で設定を変更することもできます。

▲ このページの先頭に戻る

Office365 転送・リダイレクトについてのQ&A

Q:受信したメールを別のメールアドレスに転送したり、リダイレクトしたりすることはできますか?

A:できます。ルールを設定すると転送・リダイレクトが行えます。


ただし、次の制限がありますのでご注意ください。既に転送のルール設定を行った方も以下について再度ご確認ください。
  • 制限事項1 受信したメールを転送・リダイレクトできる回数は、1回のみです。
    たとえば、ある部局メールアドレスA(Office365)で受信した…続きを読む
  • 制限事項2 受信したメールを転送・リダイレクトできる受信者の宛先アドレス数は、合計で”10″までです。
    合計”10″を超える受信者にメッセージを転送・リダイレクト…続きを読む
なお、すべてのメールを一つの転送先に転送したい場合は、ルールを利用せず、「電子メールの転送先」から設定することもできます。こちらの設定は簡単ですが、上記のルールによる転送とは併用できませんので注意が必要です。両方を設定した場合は、「電子メールの転送先」の設定のみが有効となりルールによる転送は行われません。設定方法はこちら

▲ このページの先頭に戻る

ホスティングメールシステム変更に関するQ&A

Q:システムを変更することでAOYAMA-Mailに影響はありますか?

A:ありません。

Q:システムを変更することでサービス名称は変更になりますか?

A:なります。これまで「ホスティングメール」という名称でしたが、今後は「部局メール」という名称を使用します。

Q:部局メール(ホスティングメール)のメールアドレス、メーリングリストの管理者は変わりますか?

A:変わりません。

Q:電気設備法定点検時はどうなりますか?

A:Offce365はクラウドサービスのため停止しません。

Q:システム変更に伴い、メールが使えなくなる期間はありますか?

A:ありません。ありません。現在のMirapoint からOffice365 へとシステムを変更する切替日がドメイン毎にあります。切替の直前まではMirapoint システムで、直後からはOffice365 メールシステムでメールを送受信いただけます。切替のタイミングについては、切替作業の直前と直後に、メールと情報メディアセンターHP のお知らせで皆様にお知らせいたします。
切り替え以降は新しいメールはOffice365に届くため、旧システムのMirapointには届きません。

Q:保存されているメールのデータはどうなりますか?

A:各ユーザが必要に応じてご自身でデータを移していただく必要があります(メールデータの移行作業の実施)。作業マニュアルはこちら

Q:メールデータの移行は具体的にどのような手順となりますか?

A:Outlook等のメールソフトを使用して、Mirapointから現在のメールを取込み、それをOffice365へ移動します。マニュアルはOutlook等の代表的なメールソフトを使った手順を作成しております。マニュアルはこちら学内

Q:Mirapointは、いつまで利用できますか?

A:Mirapointは2015年3月末で廃止します。Mirapointシステムは2015年3月末で廃止します。それに伴いシステム内にある全てのデータは順次削除されます。切替以前に受信したメールデータが必要な場合は適宜バックアップやデータ移行を事前に行ってください。詳細はこちら

▲ このページの先頭に戻る