STEP.3 ログイン確認

|  ホスティングメールのOffice365移行特設ページ  |

作業実施期間(第2期システム変更ドメイン):2015年1月5日(月)~1月20日(火)

切替前にOffice365でログインできるか確認します。確認は、1月5日(月)11時30分頃より実施できます。

STEP.3 印刷用PDFはこちら

ログイン確認手順

  1. 「Office365サインインページ」へアクセスしてください。 (「Office365サインインページ」が表示できない場合はこちら
    ※ STEP.2から続けて実施される場合、初期パスワード変更後に表示されるOffice365の「サインイン画面」にて、次の手順2から実行してください。
  2. ご自身の「ホスティングメールアドレス」とSTEP.2で作成した「新しいパスワード」を入力し、”サインイン”をクリックします。(STEP.2にて変更後のOffice365パスワードを忘れた場合はこちらOffice36ログイン画面 STEP.2から続けて実施される場合、「ホスティングメールアドレス」は既に入力されています。「パスワード」のみ入力してください。入力済みのメールアドレスと異なるメールアドレスでサインインしたい場合は、「サインアウトして別のアカウントでサインインする」を選択してください。 Office36再ログイン画面
  3. 次の画面で、表示言語とタイムゾーンを選択し、”保存”をクリックしてください。 O365言語とタイムゾーン選択画面
  4. サインイン後、メール画面(Inbox)が開くことを確認してください。この時点では受信メールは1通もありません。自ドメインのメールシステム切替前は、メールの受信・送信は現行のホスティングメール(Mirapoint)をご利用ください。
    各ドメインのメールシステム切替日はこちら O365Inbox画面 ※サインイン後、以下のような画面が表示された場合は、上部中ほどの「outlook」をクリックしてください。 O365Inbox画面
手順1.で「Office365サインインページ」が表示できない場合

Office365のサインイン確認後サインアウトができなくなったなどにより、Office365のサインインページが表示できなくなった場合、ブラウザのキャッシュのクリアをお試しください。
以下にキャッシュクリアの方法を記載します。

InternetExplorerの場合
  1. Webブラウザの右上の「歯車」マークをクリックし、表示されたメニューの中から「セーフティ」を選択、さらに「閲覧履歴の削除」を選択します。 ■
  2. 「閲覧の履歴の削除」の画面が表示されます。「お気に入りWebサイトデータを保持する」と「パスワード」以外のすべてのチェックボックスにチェックを入れ、「削除」をクリックします。
    ※「画面上」の「パスワード」にチェックを入れますと、Webブラウザ上に記憶したパスワードが削除されますので、ご注意ください。 ■
  3. Webブラウザを一旦閉じて、再度起動しOffice365へアクセスして下さい。 ■
GoogleChromeの場合
  1. Webブラウザの右上の「三本線」マークをクリックし、表示されたメニューの中から「ツール」を選択、さらに「閲覧履歴を消去」を選択します。 ■
  2. 「履歴」の画面が表示されます。「閲覧履歴データの消去」をクリックします。 ■
  3. 「閲覧履歴データを消去する」の画面が表示されます。『次の期間のアイテムを消去:すべて』『アイテムのチェックボックス:”保存したパスワード”以外すべて』を選択し、「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。
    ※「画面上」の「保存したパスワード」にチェックを入れますと、Webブラウザ上に記憶したパスワードが削除されますので、ご注意ください。 ■
  4. Webブラウザを一旦閉じて、再度起動しOffice365へアクセスして下さい。
手順2.でSTEP.2にて変更後の「Office365パスワード」を忘れた場合

STEP.2で変更後の「Office365パスワード」を忘れた場合は、各ドメインのドメイン管理者にご連絡ください。

«   STEP.2に戻る  |  ユーザ実施作業一覧ページに戻る  |  STEP.4に進む   »