情報漏洩を狙った不審なメールにご注意ください!

お知らせ公開日:2015年6月24日

最近、特定の企業や組織の情報漏洩を狙った不審なメール(標的型攻撃メール)により、日本年金機構や他大学などで重要な情報が盗まれる事件が発生しています。

教育研究システムPC(大学情報メディアセンター設置のPC)に関してはウィルス対策ソフトの導入による検知と、サーバーから最新のセキュリティパッチの配信を行なっています。また、ネットワークに関しては不正侵入検知システムを導入しインシデント検知を行っていますが、現在のところ標的型攻撃メールによる情報漏洩は確認しておりません。

標的型攻撃メールとは重要な情報を盗むことを目的として、担当者が業務に関係するメールだと信じ開封してしまうよう巧妙に作り込まれたウィルス付きのメールです。たとえば、頻繁にやりとりしていない方からの突然のメール、全く脈絡のない内容のメールが届いた、などの場合は注意が必要です。
このような疑わしいメールを受け取った場合は絶対に添付ファイルやリンクを開かないでください。

何かご不明な点がありましたら教育メディア運用室までお問い合わせください。

参照情報