ミーティングを録画する(保存先:自分のPC)

Cisco Webex Meetingsでは、開催するミーティングを録画できます。録画したミーティングは、ご自身のパソコン上にmp4形式で保存するか、Webexのクラウドストレージ上に保存できます。本ページでは、自分のパソコン上にmp4形式で保存する方法について説明します。

自分のコンピュータに録画を保存する方法

  • WebexMeetingsでミーティングを開始します。ミーティング画面の下のほうにある「レコーダー」ボタンを押します。
  • レコーダーの画面が表示されます。レコーダーのプルダウンメニューから「自分のコンピュータに録画」を選択し、赤色の「録画」ボタンを押します。
null

  • 動画の保存場所を指定します。
  • この例では自分のコンピュータのデスクトップ上に「test」というファイル名で保存するように指定しています。指定したら、右下の「保存」ボタンをクリックします。
    ※保存形式はMPEG4 ファイル(mp4)です。
null

・録画がはじまると、レコーダの表示が「録画中」に変わります。また、右上に赤色のマークが表示されます。
・録画を一時的に中断したい場合は、「一時停止」ボタンを押します。録画を終了したい場合は、「停止」ボタンを押します。

null

・「一時停止」ボタンを押すと、録画は中断されます。
・レコーダーの表示は「録画は一時停止中です」に変わります。また右上のマークが黄色に変わります。
・録画を再開する場合は、「再開」ボタンを押します。

null

・録画を停止する場合は「停止」ボタンを押します。

null

※注意事項※
この時点では、まだmp4形式で保存されていません。録画の停止中は、まだミーティングのファイル(mp4形式)は作成されません。 ミーティングのファイルを作成するには、ミーティングを終了する必要があります。

null

・右下の「x」ボタンを押して、ミーティングを終了します。

null

  • 動画が保存されていることを確認します。
  • ここでは、先にデスクトップに「test」というファイル名で保存するように指定したので、test.mp4ファイルが保存されています。
null

    ※注意事項※

  • 録画を自分のPCに保存した場合、録画ビューは固定されます。主催者のビューは常に表示され、参加者のビューは表示されません。
  • 録画を自分のPCに保存した場合、チャット、投票、参加者の情報は、取得されません。
null

    ※注意事項※

  • パーソナルミーティングに参加者が一人だけの場合、30分経過すると警告が表示されます。
    2分以内に「続行」か「ミーティングを終了」を選択してください。「続行」を選択した場合は30分間延長されます。
    ※30分後に再度メッセージが表示されます。
  • このメッセージを無視した場合は、ミーティングが強制終了してしまいますので、ご注意ください。
    ※ブラウザ版、デスクトップアプリ版どちらでも発生します。
null

ミーティングの録画する方法の説明は以上です。

▲ このページの先頭に戻る