【2017年度教育研究システム更改】CoursePowerV2

CoursePowerV2

2017年3月14日から,新しいCoursePowerV2をご利用いただけます。新しい環境には、2017年2月26日時点の,旧CoursePowerの全情報・データを引き継ぎます。

CoursePower V2 機能比較表

機能比較(教員向け)

カテゴリ機能2016年度まで(V1)2017年度以降(V2)
グループワーク支援教員が設定したグループ数に合わせてメンバーをランダムに割り当てられる
クリッカー機能により、授業中でも簡単な操作で学生とインタラクションでき、リアルタイムで集計結果を表示できる
ユーザーインターフェイス改善ブラウザの「戻るボタン」で前のページに戻ることができる
別のタブやブラウザで同時に利用できる
担当講義の一覧表示がタイル形式になり、大きく見やすくなる
ログイン後の役割選択画面がなくなり、教員・受講者の役割権限を切り替えることなく講義にアクセスすることができる
ユーザーインターフェイスをスマートフォン・タブレットへ対応する
既存機能の拡張掲示板投稿、Q&A質問通知、受講者への連絡を随時発信できる
CSVで出席一括登録する際に、授業IDの入力を廃止することで教員の負担が軽減される
お知らせを指定公開日時に即時配信できる
レポートの課題文やテストの設問作成に、文章の装飾がしやすいエディタ機能が搭載される
非公開フォルダ内に下書き教材を保存後、後から公開されている授業フォルダに移動できる
授業や教材へ直接アクセス可能なURLが生成可能になり、たとえばメールなどで受講者に直接提示できる
TA、SAの学生への機能制限を教員が適宜設定可能(V1ではサポートラウンジに申請が必要)

学生向け

カテゴリ機能2016年度まで(V1)2017年度以降(V2)
グループワーク支援自由なテーマでグループトークを行うことができる
クリッカー機能により、教員と簡単にインタラクションできる
ユーザーインターフェイス改善ブラウザの「戻るボタン」で前のページに戻ることができる
別のタブやブラウザで同時に利用できる
履修講義の一覧表示がタイル形式になり、大きく見やすくなる
非公開、公開日前の教材は表示されなくなる(現在は「公開待ち」として表示。教材そのものは閲覧できない)
ユーザーインターフェイスをスマートフォン・タブレットへ対応する
既存機能の拡張掲示板投稿、Q&A質問内容、教員からのお知らせを随時確認できる
お知らせメールにあるURLをクリックすると、お知らせ本文のページに直接アクセスできる

CoursePowerV2マニュアル

V2正式版移行までのスケジュール

なお、CoursePowerV2での2017年度運用スケジュールはこちらをご確認ください。

お問い合わせ先

E-mail
rep2017-contact◎aim.aoyama.ac.jp
※◎は@に置換してください。