動画を共有する

ここでは、動画を共有する方法について説明します。
また、PCから流れる音を共有する場合もこの手順で行うことができます。

こちらの内容は、動画等の共有の方法について説明しております。自分のPC画面やコンテンツを共有する方法については、画面共有する(Windows)または画面共有する(Mac)をご参照ください。このページはWindows 10を例に記載していますが、Macも同様の手順で共有が可能です。

動画ファイルを共有する

【注意事項】
Macの「DVDプレーヤー」で画面共有すると、コンテンツ保護がかかり、映像が共有できないことを確認しています。
そのため、MacでDVDを画面共有したい場合は、VLCなどをインストールしてご利用いただくようお願いいたします。
VLC for Macのダウンロードはこちらから行えます。

・ミーティングを開始し、共有する動画を立ち上げておきます。

null

  • Webex Meetingsの画面に移動し、「コンテンツを共有」ボタンをクリックします。
  • 共有可能な項目が表示されますが、ここで左上の部分に注目してください。初期設定ではここが「テキストおよび画像で最適化」に設定されています。
  • この部分をプルダウンメニューから「モーションおよびビデオで最適化」に変更してください(項目を選択します)。
null

  • 「モーションおよびビデオで最適化」を選択すると、その右側に「コンピュータのサウンドを共有する」という項目が出てきますので、チェックを入れます。
    (項目の左側にあるチェックボックスをクリックしてレ点を表示します)。
    ※この項目にチェックを入れないと、映像の音声を共有できないので注意してください。
null

・レ点が表示されていることを確認して、先に起動した「映像&テレビ」(Media Player)を選択します。

null

・共有が始まったら、動画を再生します。
参加者に対して音声と一緒に映像が見えているか、聞いて確認することをお勧めします。

null

YouTubeの映像を共有する

  • YouTubeの映像をオーディオ付きで共有する場合は、ブラウザで該当のYouTube動画を表示し、見せたいブラウザを共有する形で行います。
  • ミーティングを開始してから、見せたいYouTube動画をブラウザで開きます。ここではGoogle Chromeを使用しています。
null

  • Webex Meetings の画面に戻り、動画ファイルの共有と同様の手順で共有を行います。「モーションおよびビデオで最適化」を選択します。
  • コンピュータのサウンドを共有する」にチェックを入れ、上記YouTube動画を開いているブラウザ(ここではGoogle Chrome)を選択します。
    「モーションおよびビデオで最適化」を選択しないと「コンピュータのサウンドを共有する」の項目が出てこないので注意してください。
null

・共有が始まったら、ブラウザ上でYouTubeの動画を再生します。
・通常のアプリケーション共有と同様に、ブラウザ(Google Chrome)上に緑色で「共有中」と表示されます。
参加者に対して音声と一緒に映像が見えているか、聞いて確認することをお勧めします。

null

null

  • 参加者からは以下のように表示されます。
  • 通常の画面共有時と同様に、選択したブラウザ以外の部分は黒く表示されます。YouTubeのビデオを全画面表示にすれば、参加者も全画面で動画を見ることができます。
null

動画を共有する方法の説明は以上です。

▲ このページの先頭に戻る