12.20(SAT) 13:00~17:40 |シンポジウム会場|青山学院大学 青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂 |情報交換会| 18:00~20:00

開催趣旨

ICTを活用して教育の高度化を図るためには、 教育をデザインする教員、 それらの思いを的確に理解して行われる支援体制ならびにハードウェア/ソフトウェア/システムの提供企業との協働が求められます。 情報メディアセンターでは、 教育研究機関における情報化のあり方について、 関係者の忌憚のない議論を深めることを企図して下記のとおりシンポジウムを企画いたしました。 情報システムに関心のある研究者、教職員、学生、更に情報システムベンダーの方々のご参加をお待ちしております。

特別講演者

武藤 佳恭 教授

慶應義塾大学教授。工学博士。 慶應義塾大学工学部電気工学科で博士課程を修了後、 南フロリダ大学、南カロライナ大学、 ケースウエスタンリザーブ大学で教員を勤め現職に至る。 専門分野は、ニューラルコンピューティング、インターネット・ガジェット、セキュリティ、エネルギーハーベスティングなど。

プログラム

11:30-

協賛展示ブースOPEN


出展企業
内田洋行株式会社 / チエル株式会社 / 株式会社日立製作所 / 富士ゼロックス株式会社 / 富士通株式会社 / メディアサイト株式会社 / ユニアデックス株式会社
協賛企業による展示ブースを公開しています。(公開終了時刻 17:40)
12:00-13:00

入場受付


受付場所:ガウチャー記念礼拝堂 1F 正面入口
シンポジウム開始10分前までには会場にお入りください。
13:00-13:10

開会の挨拶


佐久田 博司 青山学院大学 理工学部 教授、青山学院大学附置 情報メディアセンター副所長
13:10-14:10

特別講演 : ICTを活用した学校教育の未来


武藤 佳恭 教授 慶應義塾大学 環境情報学部
14:10-14:20 休憩
14:20-14:30

学校教育で情報センターが提供すべきサービスとは


大足 恭平 青山学院大学附置 情報メディアセンター
14:30-15:00

ICT環境を活用した指導能力を有する教員の養成に向けての取組み


坂田 哲人 青山学院大学附置 情報メディアセンター
杉 本 卓 青山学院大学 教育人間科学部 教授
井 村 裕 青山学院初等部 教諭
武 田 岳 青山学院大学 社会情報学部
15:00-15:20

アクティブラーニングをICTの活用によって支援する取り組み


湯浅 且敏 青山学院大学附置 情報メディアセンター
田中 正郎 青山学院大学 経営学部長
15:20-15:30 休憩
15:30-15:50

語学教育におけるアクティブラーニングの取り組み


REEDY,D.W.青山学院大学 理工学部 教授
脇本 健弘 東京大学 大学院総合文化研究科 教養学部
15:50-16:10

システム運用業務のアウトソーシングの課題と今後の展開


内野 文貴 エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
16:10-16:25 休憩
16:25-17:25

全体ディスカッション


司会:伊藤 敬也 青山学院大学 法学部 准教授、青山学院大学附置 情報メディアセンター副所長

17:25-17:40

総評・閉会の挨拶


宮川 裕之 青山学院大学 社会情報学部 教授、青山学院大学附置 情報メディアセンター所長
18:00-20:00

情報交換会


アイビーホール青学会館 3F アロン
※ 情報交換会には別途参加費4,000円が必要となります。

参加方法

本シンポジウム及び情報交換会は参加登録制となっております。下記ボタンを押すと参加登録フォームが開きますので参加を希望される方はフォーム内の必須事項を入力して送信ボタンを押してください。ご不明な点やシンポジウムに関するご相談がございましたら symp2014@aim.aoyama.ac.jpまでお問い合わせください。

アクセス

シンポジウム会場 青山学院大学 青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷 4-4-25
情報交換会会場 アイビーホール青学会館 3F アロン
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 4-4-25
交通 JR 山手線、JR 埼京線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線 他「渋谷駅」より徒歩 10 分
東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」より徒歩 5 分