CoursePower講義自動統合ルール

|  授業支援システム(LMS)  |

CoursePower上の講義の統合表示について

CoursePowerに講義が自動登録される際、以下のようなルールで講義が統合されます。ルール1で統合してから、ルール2で統合します。

(ルール1)再履修クラスと正履修クラスは、以下の条件で統合します。

  • 開講キャンパス(青山/相模原)、時限、教室、教員が同一の講義は、1つのクラスに統合する
  • 科目名が異なる場合は、「 / 」(スラッシュ)で区切って並べる

(統合例はこちら
※注意 時限が同一とは、曜日・時限・学期がすべて同一であることをさします

(ルール2)複数教員が合同で実施するクラスは、以下の条件で統合します。

  • 開講キャンパス(青山/相模原)、時限、教室、科目が同一の講義は、1つのクラスに統合する
  • 【例外ルール1】 時限が「不定」の講義は1つのクラスに統合しない
  • 【例外ルール2】 教室が「記念館」「アリーナ」の講義は1つのクラスに統合しない
  • 【例外ルール3】 教室が「研究室」の講義は1つのクラスに統合しない

(統合例はこちら
※注意 時限が同一とは、曜日・時限・学期がすべて同一であることをさします

統合例

各ルールでの統合例は以下のようになります。

(ルール1の統合例)再履修クラスと正履修クラスの統合例

再履修クラスと正履修クラスそれぞれに講義コードが付与されていても、以下のように開講キャンパス(青山/相模原)、時限、教室、教員が同一であれば、CoursePower上では1つのクラスに統合されます。

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 月1(通年) PC教室1 正履修科目 教員A
青山 月1(通年) PC教室1 再履修科目 教員A

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 月1(通年) PC教室1 正履修科目 / 再履修科目 教員A

※注意 学期が異なる場合は、統合されません。

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 月1(前期) PC教室1 正履修科目 教員A
青山 月1(通年) PC教室1 再履修科目 教員A

(ルール2の統合例)複数教員が合同で実施するクラスの統合例

担当教員毎にそれぞれのクラスに講義コードが付与されていても、開講キャンパス(青山/相模原)、時限、教室、科目が同一であれば、CoursePower上では1つのクラスに統合されます。

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 月1(前期) PC教室1 基本科目 教員A
青山 月1(前期) PC教室1 基本科目 教員B
青山 月1(前期) PC教室1 基本科目 教員C

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 月1(前期) PC教室1 基本科目 教員A
教員B
教員C

【例外ルール1】 時限が「不定」の講義は1つのクラスに統合しない

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 不定(集中) 17301 集中科目 教員A
青山 不定(集中) 17301 集中科目 教員B
青山 不定(集中) 17301 集中科目 教員C

【例外ルール2】 教室が「記念館」「アリーナ」の講義は1つのクラスに統合しない

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 月1(前期) 記念館 スポーツ演習 教員A
青山 月1(前期) 記念館 スポーツ演習 教員B
青山 月1(前期) 記念館 スポーツ演習 教員C

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
相模原 火1(前期) アリーナ スポーツ演習 教員A
相模原 火1(前期) アリーナ スポーツ演習 教員B
相模原 火1(前期) アリーナ スポーツ演習 教員C

【例外ルール3】 教室が「研究室」の講義は1つのクラスに統合しない

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 水1(後期) 研究室 研究指導 教員A
青山 水1(後期) 研究室 研究指導 教員B
青山 水1(後期) 研究室 研究指導 教員C

※注意 科目が異なる場合は、統合されません。

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 月1(前期) PC教室1 正履修科目 / 再履修科目 教員A
青山 月1(前期) PC教室1 正履修科目 / 再履修科目 教員B
青山 月1(前期) PC教室1 正履修科目 教員C

開講キャンパス 時限 教室 科目 教員名
青山 月1(前期) PC教室1 正履修科目 / 再履修科目 教員A
教員B
青山 月1(前期) PC教室1 正履修科目 教員C

▲ このページの先頭に戻る