Googleドライブ

アクセス

Googleドライブにはこちらからアクセスしてください。

システム概要

GoogleドライブはGoogleが提供するオンラインストレージサービスです。
Googleドライブに、ドキュメント資料をアップロードし、学生に共有することが可能です。さらに、セキュリティ設定で、ドキュメント資料のダウンロード禁止設定をかけることができます。
本サービスは、大学・短大に所属する教員(非常勤含む)、学生(学生は2021/9/1より)が利用することが可能です。

制限事項

  • Googleドライブ上で、大規模な公開ストリーミングを行っていると判断された場合、ドライブの使用が制限されます。以下は、Googleドライブの利用において、音声や動画ファイルのダウンロードやストーミング配信が制限されないための対策です。音声ファイルや動画を、授業用の教材として利用する場合は、必ずご確認ください。
     
  • Google ドライブ容量制限について
    1人あたりの保存容量の上限は、教員は20GB、学生は2GBとなります。
    2022 年 7 月より、Google Workspace for Education のストレージポリシーが変更となり、Gmail、Googleドライブ、Googleフォトなどの組織あたりの保存容量が「100TB」に制限されます。全学での授業運営の公平性の観点から、1人あたりの保存容量の上限を定めます。詳細はこちら
    • ※ 本学アカウントで「YouTube」へアップされた動画ファイルについては「100TB」の制限の対象外です。
    • ※ Gmailも保存容量制限の対象ですが、AOYAMA-mailを用いたGoogleアカウントでは、Gmailは利用できません。

    また、ファイル毎にGoogle ドライブ上で参照できるファイルサイズの上限がございます。PPTについては100MB(2021/10/7現在)。その他についてはこちらをご覧ください。
  • メール機能は、使えません。メールについては、従来どおり AOYAMA-mail をご利用ください。
    なお、Google システムからユーザーに送信されるメールは、AOYAMA-mail に届きます。
  • Google アカウントの作成・停止は、本学ユーザーアカウント(AOYAMA-portal へのログインアカウントと同じ)の作成・停止と自動同期します。

利用マニュアル