iThenticate利用方法

|  その他のサービス  |

情報メディアセンターでは、剽窃チェックツール「iThenticate」を提供しています。論文や著作物などを、各種学術論文や出版物、Webページなど独自のデータと比較し、コピー・アンド・ペースト(コピペ)を調査・判定します。
※理工学部の教員は手続きなくご利用いただけます。その他の学部でのご利用の場合は、研究推進部へご相談ください。

主な機能

  • コピペ判定処理の比較対象は 文献集・インターネット
    コピペチェックの対象は、あらかじめ登録された主要学術誌掲載論文、文献集、出版物、インターネット上のWebページです。これらの文書を比較対象にしてコピペ判定処理を行います。
    (ご利用上の注意)
  • ファイルサイズは100MB以下、400ページ以内となります。
  • Zipファイルは最大200MB、またはZipファイルに含まれるファイル数が1000ファイルまでとなります。
  • チェック時間の目安は、4~5ページで約3~4分、100ページで約30~45分かかることがあります。

簡易マニュアル

製品マニュアル

ログインに関して

  • ログインIDおよびパスワードについての情報は、学内ページでご確認ください。 学内ページはssl-vpn接続で閲覧いただけます。
  • パスワードを忘れた場合は、iThenticateログイン画面「パスワードを忘れた場合」をクリックしてご自身でリセットするか、教職員証をご持参のうえサポートラウンジにお越しいただきリセットする方法があります。