動画配信について

授業動画を学生向けに配信する方法として、Webexを用いた方法とYoutubeを用いた方法があります。
その特徴について、以下の表にまとめました。

動画配信方法の比較
ツール動画1本あたりの
容量・長さ
全体容量配信
ダウンロード
禁止設定
学内関係者へ
限定公開
ユーザー
限定公開
パスワード保護
Webexミーティング
クラウド録画
[1]
24時間無制限設定可能可能不可能設定可能
Webex アップロード999MB [2]無制限設定可能可能不可能設定可能
Youtube15分 [3]無制限禁止のみ可能可能不可能
Youtube(アカウント確認後)128GB以下かつ
12時間以内 [3]
無制限禁止のみ可能可能不可能

※[数字]は以下の項目番号に対応しています。

  • 【注】Googleドライブを使った動画配信は、Googleのプログラムポリシーにて禁止されています。
  • [1] クラウド録画の場合(Windows PC, Mac PCにかかわらず)、Cisco Webexでの録画の生成には時間がかかっています。
    「生成中」の表示の後,一時的に録画のタイトルそのものが見えない時間が発生しますが、お待ちください。
    ※2020年5月2日現在、生成にかかる時間は短縮しておりますが、Cisco社のメンテナンス等の都合により時間がかかる場合がございます。
  • [2] 999MB以上のMP4ファイルをWebexにアップロードすることは出来ません。動画を分割いただくか、解像度(720p以下)やフレームレートを下げてファイルを小さくしてご利用ください。また、YouTubeの限定公開もご検討ください。
  • [3] 15分を超える動画をアップロードする場合は、「アカウントの確認」が必要となります。
    手続きすることで、128GB以下かつ12時間以内の動画をアップロードできます。詳細はこちら