マイクロソフト製品 利用案内

|  ソフトウェアライセンス提供  |

青山学院大学とマイクロソフト社との契約(EESライセンス、Microsoft Imagine Standard/Microsoft Imagine Premium、EES Student Advantage/EES Teacher Advantage)により、本学の学生・教職員は指定のマイクロソフト製品が利用できます。学生は学年により、利用できる形態が異なりますので注意してください。

マイクロソフト社のサービス名称変更に合わせ、キャンパスアグリーメントからEESライセンス(Enrollment for Education Solutions)に名称を変更しました。

マイクロソフト社のサービス名称変更に合わせ、DreamSpark Standard/DreamSpark PremiumからMicrosoft Imagine Standard/Microsoft Imagine Premiumに名称を変更しました。

利用可能な対象者

教職員: 専任教職員・非常勤教員
マイクロソフト社との契約上、名誉教授・客員教員・客員研究員・特別研究員・共同研究者・派遣職員・パート職員・アルバイト等は対象者に含まれません。
学生: 学部生・大学院生
※最終学年の方は卒業年度の3月末日の窓口終了2時間前までインストール可能です。ただし、PCへのログオンなどアカウントの利用は卒業式当日の施設閉室時間までとなります。

利用方法

学生は学年により、利用できる形態・対象ソフトウェアが異なりますので注意してください。

対象ソフトウェアとバージョン および 制限事項・動作環境

  • マイクロソフト製品の対象ソフトウェアとバージョンおよび制限事項等はこちらをご参照ください。

その他

Microsoft Imagineご利用に際して

Microsoft Imagine Standard/Microsoft Imagine Premiumは、教育・学術プロジェクト・非商業的な研究にのみ使用可能です。
Microsoft Imagine Premium に含まれる Windows7/8等クライアントOS は以下の点にご注意ください。

  • Microsoft Imagine Premium の対象となる学部または研究室が管理する PC で、かつ、その学部または研究室に常設されている PC にのみインストールすることができます。 (OSのアップグレード、ダウングレード、新規インストールが可能です)

  • 使用用途は次の 3 点に限られます。
    1. 理工系の授業や研究をするため
    2. 理工系の授業や研究に係るソフトウェア プログラムを設計、開発、テスト、デモをするため
    3. 理工系の授業や研究に係る非商業的な研究のため

    4. 授業や研究を目的とした Web 検索やメールの利用、レポートの執筆は可能ですが、個人的なメールやWebサイトの閲覧、文章の執筆にはご利用いただけません。所属する学生や教職員が個人的に所有している PC であっても、上記の条件を満たし、かつ、ライセンス認証されている Windows7/8等クライアントOS であれば、OS のバージョンアップとしてご利用いただくことは可能です。(個人PCの場合、アップグレード、ダウングレードは可能ですが、新規インストールはできません)

  • また、Microsoft Imagine に含まれる WindowsServer は以下の点にご注意ください。
  • WindowsServerは、ライセンス上Webサーバ(ホームページ)として利用いただくことはできません。

マイクロソフトのサポート窓口

<EES Teacher Advantage/EES student Advantage(Office 365 ProPlus)について>

EES Teacher Advantage/EES student Advantage(Office 365 ProPlus)については、日本マイクロソフトのサポート窓口がOfficeのダウンロードやPCへのインストールなどユーザの利用開始手順をサポートします。

  • 日本マイクロソフトOfficeインストールヘルプデスク
  • TEL:03-4530-6175
  • 受付時間:10:00~17:00(土日祝日、マイクロソフト社指定休業日を除く)
  • mail:msos@microsoft.com(@を半角@にしてください)